PEファンドで公認会計士は通用するのか!?3人の会計士が語った投資ファンドで活躍できる会計士とは?【第3回・公認会計士ナビonLive!!レポート(2)】

キャピタリストナビを運営する株式会社ワイズアライアンスでは、2015年3月21日(土)にベンチャーキャピタルとPEファンドをテーマに第3回・公認会計士ナビonLive!!を開催しました。本記事では2回に渡ってその内容を振り返ります。

今回は、「公認会計士とPEファンド」をテーマにした、第2部のトークセッションのレポートをお届けします。

第3回公認会計士ナビonLive!!

第3回 公認会計士ナビonLive!!の第2部では、「公認会計士×PEファンド」をテーマに、PEファンドで活躍する3名の公認会計士が、プライベート・エクイティ投資の世界で会計士が活躍するために必要なことについて語りました。

※本記事はセッションでの発言を一部補足・編集した記事となっております。

【開催日時】 2015年3月21日(土)

【テーマ】 ベンチャーキャピタル・PEファンド×公認会計士

【第2部トークセッション】 公認会計士×PEファンド

【登壇者】(敬称略)

  • 望月 智洋(MBKパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント/公認会計士)
  • 小原 正憲(CVC Capital Partners ディレクター/公認会計士)
  • 土谷 祐三郎(ACA株式会社 公認会計士)

周囲のプロフェッショナルと協力するための「相手の言語で話せる能力」と「多分野への興味関心」が重要

望月 智洋(MBKパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント/公認会計士)

望月 智洋(MBKパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント/公認会計士)

2003年、公認会計士2次試験合格。新日本監査法人国際部を経て、MKSパートナーズにて中堅企業へのPE投資に従事。その後、2008年よりMBKパートナーズにて新規投資案件の検討、投資先の経営支援、売却取引等に従事。東京大学経済学部卒。

新日本監査法人、MKSパートナーズを経て、現在、MBKパートナーズにてPE投資に従事する望月智洋氏は、「監査法人での会計監査の経験はPEファンドにおいても役に立っている」という。

「もちろん、会計士資格や監査経験だけで何かができる業界ではないのだが…」と断りを入れつつ、監査法人で積める経験の魅力を下記のように語った。

監査法人に3年いて何が良かったかというと、ひとつは受験時代から含めて数字の感覚。数字を詰めていくという感覚を持てたということです。PE投資における大事な仕事としてキャッシュフローを正確に予測してそれをきちっと説明していくということがあるので、会計士の仕事を「会計監査の仕事」と定義せずに、「数字をわかりやすく整理して伝えていく仕事」だと定義すれば非常に近い部分があるのかなというところはあります。

また、監査法人はある程度仕事の枠組みが決まっているため、入社2、3年目の人でも現場を任されるチャンスがある仕事なので、若い方の経験としてはすごく良いと思います。

一方で、望月氏は公認会計士がPEファンドなどの金融・投資業界で活躍するために「相手に合わせた言語で話しができる力や他分野への興味関心が重要」とも語った。

会計士出身の方で金融業界に来て苦労される方もおられますが、能力は高いのに、枠組みを決めて仕事をするのに慣れ過ぎていて、自分のフィールド以外のところに目を閉ざしてしまうという思考パターンになっているケースは多いと思います。

PE投資の仕事だと自分だけの力でできることは限られていますから、経営陣、コンサル、弁護士、投資銀行、会計士など、各分野で自分より詳しく、経験もあって、頭の良い人の力をレバレッジして仕事を進めることが必要です。そのためには、どういう分野の方が相手でも相手の言語で話せるという要領の良さと、色々な分野に対する興味が重要な資質だと思います。

また、PEファンドでは、相手の言語で話しつつ、様々な局面で、投資家としての立場から判断をすることが必要になります。監査法人勤務の方の場合、ご自身に与えられた仕事だけで満足するのではなく、「自分がパートナーだったらどういう判断をするのか」という視点で仕事に取り組まれると、より一歩先に行けるのかなと思います。

会計士の強みはやはり「会計」や「数字」、投資銀行や戦略コンサルについていけるスピード感を身に付けられるかがポイント

小原 正憲(CVC Capital Partners ディレクター/公認会計士)

小原 正憲(CVC Capital Partners ディレクター/公認会計士)

慶応義塾大学卒、2000年、公認会計士試験合格。中央青山監査法人金融部に入所し、日系大手金融機関や外資系金融機関の監査業務を経験。その後、AIG Capital Partnersを経て、2006年より欧州系プライベート・エクイティ・ファンドであるCVC Capital Partnersに参画。投資先企業の発掘や企業価値向上に従事。

欧州系プライベート・エクイティ・ファンド、CVC Capital Partnersでディレクターを務める小原正憲氏は、自身がPEファンドに転職した際の経験からも「PEファンドに会計士というバックグラウンドはフィットする」と感じているという。

会計士は(PE投資の業界に)割とフィット感はあるんじゃないかなと思っています。PE投資業界は戦略コンサル出身の人、投資銀行出身の人、あるいは事業会社出身でMBAホルダーの人などが多く、外資系のファンドによってはMBAがないと…というところも多いんですが、PEの業務全般で会計的な素地が必要になる場面が非常に多いので、しっかりモデルを回せて、数字の深いところまで理解できる会計士は強みがあっていいんじゃないかなと思います。

実際会計士で投資銀行に行った知り合いも結構多いのですが、着実に昇進してキャリアを積み上げている人が多いので、投資銀行業務にも近いという意味ではPEファンドも会計士にフィットするんじゃないかと思います。

また、小原氏はPEファンドと監査法人の「スピード感」の違いに関しても言及した。

ただ、一方で監査法人にいる時とのギャップというと、私も監査法人を辞めて10年ぐらい経つので今どうかわからないんですけれど、必要な時間軸というかスピード感みたいなものは調整が必要でした。会計士がPEファンドに入る際には、スピード感を意識するという部分での調整や慣れが必要になってくるのではないかなと思います。

会計士資格にこだわりすぎず、強みを築くことが重要、キャリアの掛け算で自らの強みを作る

土谷 祐三郎(ACA株式会社 公認会計士)

土谷 祐三郎(ACA株式会社 公認会計士)

2000年、公認会計士2次試験合格、2001年、慶應義塾大学卒業。監査法人トーマツに入所後、国内大手企業の監査のみならず、金融機関、著名外資企業などの監査、債権評価コンサルティングなどの経験を経て、戦略系コンサルティング会社コーポレイトディレクションにて、戦略立案、業務改革、組織改善、事業再生、各種デューデリジェンス、M&Aなど、様々な業種においてコンサルティング業務を経験。その後、アジア展開に強みを有する投資会社ACAに入社。ACAの投資時期の2011年12月よりホットランドに執行役員財務経理部長として出向。上場準備責任者としてIPOを達成後、ACAに復帰し、現在は国内外の投資先のバリューアップや新規投資先のソーシングに従事。

監査法人トーマツから戦略系コンサルティングファームを経て、現在、投資会社ACAにて国内外の企業のPE投資に従事する土谷祐三郎氏は、自身の経験から公認会計士の強みと弱みを以下のように語った。

私の場合、戦略コンサルを間に挟んでPEファンドに入っているので一般論になりますが、会計士の方でまず強みとなるのは他の方もおっしゃっているとおり「会計リテラシーが非常に高い」と、まずこれが第一だと思います。会計リテラシーは、会社の置かれた状況を把握する為に最も重要な能力かと思いますが、会計士であれば、それを高度に行えるかと思います。あと、やはり「専門家」ということがあって、皆、非常に意識が高く、仕事の完成度が高いと思います。

ただ一方で、デメリットというかなかなかできない点がいくつかあります。まず、物事をブレイクダウンするのは非常に得意なのですが、統合して全社的な視点で物事を考えていくというのが苦手な方が多くて、パーツパーツで仕事を与えられるとその完成度が高いのですけど「全体を見てそれがどういう意味を持つのか」ということが意外と答えられないということは多いかなと。

あとは、会計士は堅いイメージがあるので、もう少しコミュニケーションをうまくとるとかそういうのができてくると世界が広がっていくのかなと思います。

また、土谷氏は会場の若手会計士たちに「会計士資格にこだわり過ぎず強みを作ること」の重要性をメッセージとして送った。

会計士は日本で3万人くらいいるかと思いますが、「自分は会計士」と思っていても結局3万分の1という存在でしかなく、そういう意識ではダメだと思っており、会社と同じでやはり自分なりのブランドをどう作っていくかを考えていく必要があると思っています。

私の話になると、会計士相手の世界で戦うには3万人の競争相手がおり、そのトップになるのはなかなか難しいなと思ったのもあり、戦略コンサル行くことを選びました。恐らく公認会計士で且つ戦略コンサルタントは日本で300人もいないと思うのですが、そういうキャリアを積むことで3万分の1から300分の1となります。

その次に、じゃあもうひとつ掛け算しようと思ってPEファンドに行って、多分、戦略コンサルに行って会計士でファンドというのはほとんど居ないと思っており、その中では日本で唯一の存在になれるんじゃないかと。

そういうキャリアの積み方をしてきたので、みなさんもしよろしければそういう考え方で、会計士だからではなく、自分の強みみたいなものをどんどん築かれていくと良いのかなと思います。

引用元:PEファンドで公認会計士は通用するのか!?3人の会計士が語った投資ファンドで活躍できる会計士とは?【第3回・公認会計士ナビonLive!!(2)】|公認会計士ナビ

関連記事

  1. 【初値決定】株式会社マクロミル(東証一部)

  2. 【新規承認】 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(東証マザーズ)

  3. 求人用thumb

    クライアントに常駐して経理を支援する会計コンサルタントを募集!決算業務経験など活かせます。

  4. 【新規承認】 株式会社ファンデリー(東証マザーズ)

  5. 求人用thumb

    税理士、歓迎!提案型サービスで急成長中の税理士法人グループが税務スタッフ募集!

  6. 女性会計士にオススメ!ハンズオン型投資ファンドのサポート職!:求人98000093

キャピタリストナビとは?

キャピタリストナビはベンチャーキャピタル、PEファンド、IPOに関する総合情報サイトです。

ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティファンド、IPO関連の情報を提供しています。

更新情報

キャピタリストナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

キャピタリストナビをフォロー

キャピタリストナビRSSフィード

【IPO関連の更新情報】
IPO関連の更新情報のみ受け取られたい方は下記をご利用ください。

follow us in feedly

キャピタリストナビIPORSSフィード

公式サービス

【転職サポートサービス】

転職サポートサービス

 

【人材紹介サービス】

人材紹介サービス

 

【プロフェッショナルファーム紹介サービス】

プロフェッショナルファーム紹介サービス

スポンサー企業

キャピタリストナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

FUNDBOARD
pilot boat
IKP税理士法人
GVA法律事務所 ベンチャー法務戦略室
IPO・J-SOX・M&Aコンサルの汐留パートナーズ
無料で使えるクラウド請求書・見積書サービスmisoca
全自動のクラウド型会計ソフト freee (フリー)

 

スポンサー企業一覧

 

スポンサー募集のご案内

運営メディア

公認会計士ナビ
ベンチャーキャピタル・PEファンドのことなら!キャピタリストナビ
会計事務所求人名鑑